地球見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雲上に満月昇り、穏やかな光を注ぐ

<<   作成日時 : 2008/10/15 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5時半くらいだろうか、自転車で家路に急いでいると、正面に大きな満月が昇っていた。日中は天気雨もあったが暖かい一日で、気温が高かったのか正面遥かには夏の入道雲のような雲が並んでいた。そしてその上に満月がぽっかりと顔を出したのである。

 暦の上では十五夜を過ぎてはいるが、十五夜が満月とは限らず、若干のずれが生じていることが多い。また、満月とは言っても薄く欠けた部分があることが多いが、今日の月は完全無欠の満月だった。
 十三夜の時は気温が低かったことも影響しているのだろうが、物凄く冷たい感じのする光だった。夜半に真上で見る感じだったので、余計に冷たく感じられたのだろう。月も真上に来ると白く感じられるようになるが、昇ったばかりの月は黄色い光を放っており、何かしら暖かく感じられるから不思議なものである。ただ残念なことにはあちこちに明るい街灯が設置されているので、月光を十分に堪能できる環境は整っていない。郊外でもこんな状況だから、市街地では昇り始めた月を愛でることは困難なことであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雲上に満月昇り、穏やかな光を注ぐ 地球見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる