地球見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS 海上自衛官は海軍軍人に非ず?

<<   作成日時 : 2017/06/19 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回の米艦とフィリピン船との衝突事故に関連して、海上自衛隊で佐官(将官も?)クラスだった退役者の発言があちこちに載っているが、『船』に関しての発言では素人同然としか思えない内容が極めて多い。所謂『運用者』が艦艇に乗り込んでくるのは早くても進水直前であり、船体構造を直接知る機会は少ないかもしれない。しかし勉強する気持ちがあればその機会はいくらでもあるし、主船体が出来上がってからでも構造を確認できる場所はいくらでもある。しかし船底部などに降りていけば汗もかくし服も汚れる場合が多い。綺麗な制服を着ていたい人間にとっては行きたくない場所であろう。

 直接現場を見なくても、図面を見ればその構造の概要を知ることはできる。現在でも艦艇には図面が搭載されているはずであるが、図面の見方を知らないか、全く見る気がないと言うことなのであろうか。艦橋で号令さえかけていれば船は動く、自動車の構造を知らなくても運転できるのと同じことだ。そして実戦での被弾、あるいは平時での事故でも起こらない限り、構造なんて知らなくても出世はできる。

 海軍軍人であればある程度は船に関する知識も必要なはずであるが、それは平時に運行できれば問題ないと言う程度の知識なのであろうか。海軍軍人であるならばもっと船に関して知識を深めるべきなのであるが、幹部候補生学校でも専門的な教育はなかった。私が入校したのは40数年前になるが、現在でも改善はされていないことだろう。先に海軍軍人であれば、と書いたが、昔の帝国海軍の場合にも『船』そのものに関する知識は書けていた可能性が強いから、海自もその悪しき伝統を受け継いでいるだけなのかもしれないが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海上自衛官は海軍軍人に非ず? 地球見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる